天木直人の公式ブログ

2017

Year

お知らせ

天木直人の公式ブログの移行のおしらせ
8028

天木直人の公式ブログの移行のおしらせ

 天木直人の公式ブログは新党憲法9条のHPであるhttp://kenpo9.com/のサイトに掲示する事にしましたのでご案内させていただきます。
日米密約外交の第一号は安倍・トランプ初電話会談である
1950

日米密約外交の第一号は安倍・トランプ初電話会談である

 私は1月26日のメルマガ第67号「究極の密約会談となるに違いない安倍・トランプ首脳会談」で書いた。 安倍首相とトランプ大統領のはじめての首脳会談は、日米外交史の中でも、究極の密約会談となるに違いないと。 なぜならばトランプ大統領が安倍首相の突きつけてくる注文は日本国民にとって受け入れられない不合理、非常識なものばかり...
「日米二国間交渉という悪夢」の再来が現実になった衝撃
1335

「日米二国間交渉という悪夢」の再来が現実になった衝撃

 ついに来るべきものが来た。 しかも、こんなに早く来るとは衝撃だ。 日米二国間交渉という悪夢がそれだ。 今日1月28日の各紙が一斉に大きく書いてる。 TPPからの永久離脱を宣言したトランプ大統領が新たな日米二国間交渉を要求する見通しが強まったと。 こうなることは当然の成り行きだったが、かくも早く、トランプ大統領が要求し...
野党共闘は無理だと書いた中北浩璽一橋大学教授
1333

野党共闘は無理だと書いた中北浩璽一橋大学教授

 きのう1月26日の朝日新聞で一橋大学の政治学の教授である中北浩璽と言う学者が、「あすを探る」という政治コラムの中で「野党共闘 問われる本気度」という論説でつぎのように書いていた。 ・・・民進党は野党一党である限り『政権交代ある民主主義』を定着させる責任を負っている。政権交代に向け無党派層にアピールする政策を打ち出す一...
トランプ大統領との首脳会談は、今は見送ることが正解である
901

トランプ大統領との首脳会談は、今は見送ることが正解である

 早朝のNHKのニュースが報じた。 メキシコは1月31日に予定されていたトランプ大統領との首脳会談を取りやめる事にしたと。 もし、それが事実なら快挙だ。 しかし、考えてみれば当然だ。 首脳会談もしないうちに国境壁をつくる大統領令に署名したトランプ大統領だ。 おまけにその経費をメキシコの払わせるという。 何のための首脳会...
野党が追及すれば「でんでん解散」もありうる漢字の読めない安倍首相
1719

野党が追及すれば「でんでん解散」もありうる漢字の読めない安倍首相

 かつてバカヤロー解散というのがあった。 1953年の事だ。 当時首相であった吉田茂が野党党首との国会論戦で頭に血が上り、バカヤローと小声でつぶやたのがマイクで拾われ、騒ぎがひろがり、吉田首相の謝罪でいったんは収拾に向かうと思われたが、結局、解散・総選挙に追い込まれたという事件だ。 その例でいけば、今度の安倍首相の漢字...
究極の密約会談となるに違いない安倍・トランプ首脳会談
1329

究極の密約会談となるに違いない安倍・トランプ首脳会談

 トランプ大統領が次々と大統領令に署名して、その言行一致ぶりを誇示している。 選挙公約をここまですばやく実行するとは驚きだ。 その中でも、私が最も驚いたのは、メキシコとの国境に壁をつくる大統領令に署名した事だ。 考えても見るがいい。 トランプ大統領は1月27日のメイ英国首相との首脳会談に次いで、1月31日にメキシコのペ...
電話首脳会談すらできない安倍首相
1056

電話首脳会談すらできない安倍首相

 私はトランプ大統領との首脳会談を日本の首相が急ぐ必要はないと考える一人だ。 いまのトランプを見ていると首脳会談をしても日本にとって、取られるものはあっても、得るものは何もないからだ。 ところが安倍首相は違う。 何が何でも世界に先駆けて会いたいと思っている。 しかし、トランプは真っ先に英国の首相と会う事を決め、その後も...
トランプのTPP永久離脱が与野党に与えた衝撃
1016

トランプのTPP永久離脱が与野党に与えた衝撃

 トランプ大統領が、とうとうTPPから永久に離脱する大統領令に署名した。 それをテレビの前で高らかに誇示して世界に宣言したトランプは、まさしくトランプそのものだ。 オバマケアの見直しとともに、オバマのアメリカを全否定したのだ。 しかし、衝撃はオバマの否定だけではない。 トランプは世界に見事に証明した。 政権が変われば、...
護憲派はいまこそ天皇のお言葉を特別立法で実現せよ
974

護憲派はいまこそ天皇のお言葉を特別立法で実現せよ

 天皇陛下のお言葉を逆手にとって、安倍首相は有識者会議とメディアを使って、今上天皇の退位に向けて急速に暴走しているごとくだ。 なぜそんなに急ぐのか。 それは、今上天皇を自分より早く退位させ、その後は憂いなく自らの改憲的な政策を進めようと考えているからだ。 このままいけばあと2年足らずでこの国の形がすっかり変わることにな...
Return Top