天木直人の公式ブログ

究極の密約会談となるに違いない安倍・トランプ首脳会談

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ

 トランプ大統領が次々と大統領令に署名して、その言行一致ぶりを誇示している。

 選挙公約をここまですばやく実行するとは驚きだ。

 その中でも、私が最も驚いたのは、メキシコとの国境に壁をつくる大統領令に署名した事だ。

 考えても見るがいい。

 トランプ大統領は1月27日のメイ英国首相との首脳会談に次いで、1月31日にメキシコのペニャニエト大統領と首脳会談を行うと発表したばかりだ。

 それにもかかわらず、その首脳会談を待たずに、メキシコとの国境壁をつくることを決定したのだ。

 しかもメキシコ大統領の同意もないまま、その経費はメキシコに払わせると繰り返している。

 これを要するに、トランプ大統領との首脳会談は意味がないということだ。

 一方的にトランプ大統領の要求を飲まされるだけのセレモニーでしかないということだ。

 それにもかかわらず、安倍首相はトランプ大統領との首脳会談を急いでいる。

 ついにきょう1月26日の読売は一面トップで書いた。

 日米首脳会談は2月10日にワシントンで開かれる方向で最終調整に入ったと。

 見ているがいい。

 この安倍大臣とトランプ大統領のはじめての首脳会談は、日米外交史の中で、究極の密約会談となるに違いない。

 なぜか。

 トランプ大統領が安倍首相に伝える事はすでに報道で明らかになっている。

 トランプ大統領は貿易・金融・為替問題で米国の国益を日本に押しつけてくる。

 トランプ大統領は在日米軍経費を含む防衛予算を大幅に増やせと迫って来る。

 それに対して安倍首相は断れない。

 断ったらトランプ大統領に怒られる。

 飲むしかないのだ。

 しかし、その事を正直に国民に伝えれば、さすがのおとなしい国民も黙ってはいない。

 だからトランプ大統領との合意は本当のことを公表できないのだ。

 その結果、2月10日に行われる日米首脳会談は、メディアが垂れ流す表向きの合意の裏で、国民を欺く多くの密約が合意される事になる。

 明らかに日本にとって不利な日米首脳会談を、口実をつけて遅らせるのなら立派な外交だ。

 そのうちトランプ大統領は行き詰って政権を投げ出すかもしれないからだ。

 ところが、安倍首相は喜んで急いでいる。

 どう考えても、飛んで火に入る夏の虫だ。

 こんな首相を持つ日本国民は世界一不幸な国民だ(了)

コメント2件954

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. トっランプとの間にはどこの国の首脳であれ、今後「密約」は存在しえないのではないか。

    こちら側(日本なら安倍首相サイド)での故意の発表引き伸ばしやメディアを引き込んで牽強付会な解釈と明確なことをあえてウヤムヤニにした解説、といった姑息なことが生ずるだけだろう。
    しかし、所詮それらは小手先のこととしてちょっとの間だけ事態を混乱させるくらいの話だと思う。

    なにか予想もしない方角からとんでもないインパクトの「カクメイ」が招来したような印象だ。「アメリカ」っていう国は、外貌はサラリーマンにしか見えない大統領(ブッシュ)でも、あるいはカウボーイのような無頼漢まがいの人物であろうと、はてさて今度のような胡散臭いボス芸人と見まがうトランプにしても、やることは大胆・極端でわかり易くしかも大身振りだ。とても我々日本人には手におえない気がする。戦後70年を過ぎたがまだまだ未知の部分が多い。

  2. <その結果、2月10日に行われる日米首脳会談は、メディアが垂れ流す表向きの合意の裏で、国民を欺く多くの密約が合意される事になる。>と有るが。
    私は、この言葉、日(アベ)米AND密約から、安倍の祖父岸と当時の米国政府又はCIAと行われた、「密約」があったであろう現実がある。その理由は、岸に関する、米国のファイルが他の方たちのファイルと比べて、米国の情報公開が「異常」に遅く、現在に至っても、ほとんど公開されていない、現実が有る。この事は岸に関する情報は、日米関係特に米国にとって、公開するには、リスクが非常に大きい証拠と考えられる。この事は、岸が戦犯として巣鴨拘置所時代から、米国と密約し(刑の免除、釈放後の日本政府の状況の米国への通報、それに対する米国の岸に対する政治活動等の金銭援助)CIAのエイジェントであった可能性が高いと思われる、からである。
    二代に渡る岸家に関する米国との密約が成立し、日本をさらに米国の属国ぶりを、さらけ出すのか、興味津々である。
    日本がもし、多額の米国国債を購入するに関しては、密約として、米国の同意なしに、日本が米国債を勝手に売却しないと言う、条件が密約として付くであろう。こうなると完全に日本が施主国である米国に返却の催促なしの多額の現金を貢いだことと同じになる
    以上

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top