天木直人の公式ブログ

トランプ大統領との首脳会談は、今は見送ることが正解である

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ

 早朝のNHKのニュースが報じた。

 メキシコは1月31日に予定されていたトランプ大統領との首脳会談を取りやめる事にしたと。

 もし、それが事実なら快挙だ。

 しかし、考えてみれば当然だ。

 首脳会談もしないうちに国境壁をつくる大統領令に署名したトランプ大統領だ。

 おまけにその経費をメキシコの払わせるという。

 何のための首脳会談だ。

 いやしくも主権国家の首脳なら、そんな首脳会談など拒否してあたりまえだ。

 ひるがえって日本はどうか。

 向こうからの要求もないままこちらから首脳会談をいぞぐ安倍首相。

 足もとを見透かされて、電話会談すらさせてもらえないまま、ついにTPPの代わりに二国間協議をやれと要求され、国務長官ではなく、国防長官を派遣して、防衛負担を迫られようとしている。

 あわてて首脳会談をすれば、そんな米国の不条理な要求に裏書きさせられるだけだ。

 ところが、我が国の国会でどんな議論が戦わされているか。

 安倍首相は、それでも首脳会談にこだわり、野党は、そんな安倍首相を批判するばかりで、野党共闘ならトランプ
大統領の米国とどう向かい合うかを語らない。いや、語れない。

 これでは万が一政権を取ったとしても、安倍政権よりもっと混乱するだろう。

 ここはトランプ大統領の出方を見極める時だ。

 ここまで世界をなめてかかるトランプ大統領が長続きするはずがない。

 いや、トランプ大統領は世界をなめているのではない。

 弱いものをいじめているだけだ。

 その証拠に中国やロシアとの首脳会談は決して急がない。

 中国の核心的利益を攻撃すれば戦争になるからだ。

 プーチンのロシアに弱みを握られているトランプ大統領はロシアと本気で喧嘩できないからだ。

 だからといって中国やロシアとの関係改善をすぐには出来ない。

 米国の国益に反するからだ。

 弱い者にはこれ見よがしに強く当たり、強い相手には様子をうかがう。

 こんな相手との首脳会談は決して急いではならない。

 そのうちすべてが落ち着くことになる。

 首脳会談はその後でいいのだ。

 もし落ち着くことにならず、どんどんとトランプ大統領と世界が対立、分裂していくなら、なおさら首脳会談は不必要になる。

 いまはトランプ大統領との二国間協議は断るのが正解だ。

 それを堂々と唱える政党も政治家も、いまの日本には一人もいない。

 平和的に対米自立を訴える新党憲法9条がいまこそ必要な時である(了)

コメント0件902

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top