天木直人の公式ブログ

日米密約外交の第一号は安倍・トランプ初電話会談である

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ

 私は1月26日のメルマガ第67号「究極の密約会談となるに違いない安倍・トランプ首脳会談」で書いた。

 安倍首相とトランプ大統領のはじめての首脳会談は、日米外交史の中でも、究極の密約会談となるに違いないと。

 なぜならばトランプ大統領が安倍首相の突きつけてくる注文は日本国民にとって受け入れられない不合理、非常識なものばかりだからだ。

 しかし、安倍首相にはそれを拒否する勇気も、それをかわす知恵もないからだ。

 だからすべてその不合理な要求を飲まされ、それを国民にごまかすしかないと思うからだ。

 戦後の日米外交史は密約の連続であった。

 しかし、安倍・トランプ時代は、これまでの日米密約時代とは比べ物にならないほどの密約の連続になるに違いない。

 そう私は書いた。

 そして、それが見事に証明された。

 日本時間できのう1月28日の未明に、初めての安倍・トランプ電話会談が行われた。

 電話会談が終わったのがずれ込み、官邸の発表が遅れて今朝の朝刊に間に合わなかったと見えて、今朝の各紙はいずれも電話会談の結果を官邸が発表する前の、官邸が垂れ流した事前説明記事しか書いていない。

 そして、電話会談の内容を始めて流したのが今朝の5時のNHKニュースだった。

 そのニュースをNHKは6時のニュースでも繰り返した。

 そこでNHKは何と報道したか。

 安倍首相がトランプ大統領に語ったとされる内容ばかりだ。

 そして、それは事前に官邸が流したものばかりだ。

 いわく、2月10日の日米首脳会談が決まった。

 冒頭に安倍首相は大統領就任の祝意を伝えた。

 トランプ大統領の米国には、さらなる偉大な国に向けて尽力してもらいたい。

 そのような米国との同盟を日本は強化したい。

 トヨタをはじめとした日本企業は米国経済に貢献している、などなど。

 そこには、トランプ大統領の発言は一切報じられていない。

 こんなふざけた話はない。

 我々が知りたいのはトランプ大統領が何を要求して来たかだ。

 そもそも電話会談はトランプ大統領が各国首脳に求めてきたものだ。

 トランプ大統領が日本に何の注文もつけなかったなどということはあり得ない。

 それにもかかわらずトランプ大統領の発言が一切報じられていないということは、安倍首相が隠しているのだ。

 すべては2月10日の首脳会談で判明する。

 その時もまた安倍首相は隠すだろう。

 しかし、さすがに首脳会談の後は共同記者会見を開かざるを得ない。

 いくら安倍首相が隠そうとしても、トランプ大統領は口を滑らすだろう。

 繰り返して言う。

 トランプ大統領と安倍首相の日米関係は、これまで以上に密約外交の連続になる。

 その密約を御用メディアは追及しようとしないだろう。

 御用メディアが明らかにしなければ国民がメディアをますますボイコットするようになるだろう。

 そういう不毛な時代の幕が開くことになる(了)

  おしらせ。

 天木直人公式ブログの読者のみなさんへ 2017.1.29

 今回の記事をもって天木直人の公式ブログの書き込みを一時休止し、公式ブログは引き続き新党憲法9条のHPの一部として、そのまま継続することにしました。

 その理由は、新党憲法9条の存在をさらに広めることにあります。

 新党憲法9条は、来る衆院選に向けて、ついに現実性を増してきました。

 この勢いをさらに発展させ、確実に新党が実現できるように、新党憲法9条のHPの存在を一人でも多くの人たちに知らせたいと考えています。

 新党憲法9条が実現したら、天木直人の公式ブログは、新党憲法9条がつくろうとする「新しいメディア」の一部として発展解消させるつもりです。

 新党憲法9条は、官製メディアに成り下がって嘘と権力擁護を垂れ流すき既成大手メディアに対抗するもう一つのメディアをつくることをその目的の一つに掲げます。

 これまでのブログの読者には、そのような新党憲法9条の実現に向けて、ご理解とご支援をお願いします。

コメント2件1550

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 今こそ、第16代エブラハム・リンカーンに学ぶ時でしょう。 昨晩、トランプさんの就任演説と彼の共和党、そして大統領の大先輩であるリンカーンさんのあの有名な演説を読み返して
    あまりの驚愕天地を誘うギャップに言葉を失いました。
    アメリカ南北戦争の真っ最中の1863年11月19日、まだ流血の乾かない南ペンシルベニヤ州のゲッティスバークの古戦場で戦死者をと葬う墓地の奉納式での2分間の不朽の演説。
    アメリカデモクラシーの最も高貴な言い深い言葉で綴られていますね。
    人類愛に満ちて。誰かの愛国演説のように敵を憎み、自らを誇る情けが少しもなく
    正しく、香り高く、強くて、優しい大きな先輩を見習ってください。

  2. ついに戦争屋がやってきた。ジャパン、ハンドラーズは
    健在だった。中国と戦争させたがっている国がある。
    それがバノン、ナヴァロ、そしてマティスだ。

    このチャンスはアメリカにとっていい仕事になる、日本国民のマインドを
    コントロールしてTVこう言い切った!

    『中国の活動はアジアの信頼をふみにじった」と。

    これで、日本国民を煽り、ブッシュがイラク戦争に突入する同じ手口で
    人々を先導することが出来、沖縄返還も辺野古移転もなにを、
    甘いことを言ってる場合かと、マティスは叫んだ。

    稲田も安倍もそれ見たことかと、左翼やリベラルに対して「ボスがアー言ってるよ」、と
    嬉しそうだ。
    あなたがた日本国民のステテコから棺おけまで中国に作らせ、
    条件と質の悪い環境で生産に借り出されている中国民に対して
    感謝どころか、石を投げつける、それこそ、米国軍部はトランプをたてにして
    あらゆる工作をしかけてくるだろう。

    南シナ海で戦争が始まる事、それが彼らの311の次の
    日本に仕掛ける計画だ。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top