天木直人の公式ブログ

天木直人のブログ

Category

お知らせ

孫崎享氏の子息が外務省北米二課長に就任していた衝撃
33

孫崎享氏の子息が外務省北米二課長に就任していた衝撃

 いまからひと月ほど前に日刊ゲンダイから紹介を受けた。 外務省の北米二課長に孫崎という名の課長が就任したが、この孫崎氏は日米同盟を批判している天木さんの友達のあの孫崎享氏と関係があるのかと。 もちろん、私は知らない。 そんなことはないだろうと思うと答えて、そのまま忘れていた。 ところが、発売中の月刊情報誌テーミスを見て...
米大統領選介入疑惑でロシア国籍13名を起訴した米司法省の衝撃
27

米大統領選介入疑惑でロシア国籍13名を起訴した米司法省の衝撃

 これには驚いた。 ついに米司法省は米大統領選に組織的に介入した罪で、ロシア人13名とロシア企業3社を起訴に踏み切ったという。 もはや、トランプ大統領が知っていたかどうか、共謀していたかどうか、は関係ない。 たとえ知らなかったとしても、ましてや共謀していなかったとしても、2016年の米国大統領選はロシアの介入で捻じ曲げ...
米国に断固対抗措置を取る中国と適用解除を要請する日本
27

米国に断固対抗措置を取る中国と適用解除を要請する日本

 案の定、中国が米国の輸入制限措置に対して反発した。 米国の主張には根拠はなく、もし対中輸入制限措置を取るなら、中国も自らの正当な権利を守るために対抗措置を取ると。 まさしく米中貿易戦争勃発前夜だ。 しかし、おそらくそこまでは行かないだろう。 米国内には対中輸入制限に対する賛否両論があり、トランプと言えども、このまま強...
憲法9条は私が守る、世界に掲げる
1890

憲法9条は私が守る、世界に掲げる

 きょう10月15日の朝日新聞が東京21区の選挙情勢を次のようにはじめて書いた。 すなわち、自民党候補の小田原と希望の党候補の長島が競り合っているが小田原が一歩リード、社共統一候補の小糸は社共の支持者は固めたが広がらない、天木候補は引き離されている、と。 これが現状だと私も思っている。 東京21区はいつもこうだ。 小田...
天木直人の公式ブログの移行のおしらせ
14215

天木直人の公式ブログの移行のおしらせ

 天木直人の公式ブログは新党憲法9条のHPであるhttp://kenpo9.com/のサイトに掲示する事にしましたのでご案内させていただきます。
日米密約外交の第一号は安倍・トランプ初電話会談である
4302

日米密約外交の第一号は安倍・トランプ初電話会談である

 私は1月26日のメルマガ第67号「究極の密約会談となるに違いない安倍・トランプ首脳会談」で書いた。 安倍首相とトランプ大統領のはじめての首脳会談は、日米外交史の中でも、究極の密約会談となるに違いないと。 なぜならばトランプ大統領が安倍首相の突きつけてくる注文は日本国民にとって受け入れられない不合理、非常識なものばかり...
「日米二国間交渉という悪夢」の再来が現実になった衝撃
2818

「日米二国間交渉という悪夢」の再来が現実になった衝撃

 ついに来るべきものが来た。 しかも、こんなに早く来るとは衝撃だ。 日米二国間交渉という悪夢がそれだ。 今日1月28日の各紙が一斉に大きく書いてる。 TPPからの永久離脱を宣言したトランプ大統領が新たな日米二国間交渉を要求する見通しが強まったと。 こうなることは当然の成り行きだったが、かくも早く、トランプ大統領が要求し...
野党共闘は無理だと書いた中北浩璽一橋大学教授
2712

野党共闘は無理だと書いた中北浩璽一橋大学教授

 きのう1月26日の朝日新聞で一橋大学の政治学の教授である中北浩璽と言う学者が、「あすを探る」という政治コラムの中で「野党共闘 問われる本気度」という論説でつぎのように書いていた。 ・・・民進党は野党一党である限り『政権交代ある民主主義』を定着させる責任を負っている。政権交代に向け無党派層にアピールする政策を打ち出す一...
トランプ大統領との首脳会談は、今は見送ることが正解である
1982

トランプ大統領との首脳会談は、今は見送ることが正解である

 早朝のNHKのニュースが報じた。 メキシコは1月31日に予定されていたトランプ大統領との首脳会談を取りやめる事にしたと。 もし、それが事実なら快挙だ。 しかし、考えてみれば当然だ。 首脳会談もしないうちに国境壁をつくる大統領令に署名したトランプ大統領だ。 おまけにその経費をメキシコの払わせるという。 何のための首脳会...
野党が追及すれば「でんでん解散」もありうる漢字の読めない安倍首相
3603

野党が追及すれば「でんでん解散」もありうる漢字の読めない安倍首相

 かつてバカヤロー解散というのがあった。 1953年の事だ。 当時首相であった吉田茂が野党党首との国会論戦で頭に血が上り、バカヤローと小声でつぶやたのがマイクで拾われ、騒ぎがひろがり、吉田首相の謝罪でいったんは収拾に向かうと思われたが、結局、解散・総選挙に追い込まれたという事件だ。 その例でいけば、今度の安倍首相の漢字...
Return Top